◆ベルリン→モスクワ→成田航路◆

アエロフロートSU2313便(ベルリン・シェーネフェルト空港12:10発→モスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港15:45着)
アエロフロートSU262便(モスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港19:00発→成田国際空港10:35着(翌日))

朝6:06ベルリン最後の朝。今日もいい天気です。12:10発の飛行機でベルリンを離れる事になっていますが、帰りたくない気分と、旅の疲れ+疲れからの胃腸がすぐれない+連日のいい天気で日焼けが酷くなって皮膚が荒れてしまったので満身創痍で早く帰国してゆっくりしたい気持ちと半々でした。

毎日お世話になったベルリン中央駅ともお別れです。

RB(快速列車)でシェーネフェルト空港へ移動です。飛行機は12:10発なので時間的に早いですが、言葉が不慣れで、搭乗手続きに不安があったので早めの移動です。行きは日本語で手続き出来ましたが、帰りはドイツ語か英語でやりとりしないといけないわけで。

先日訪れたドイツ国会議事堂ともお別れです。

シェーネフェルト空港駅に到着です。

何度もお世話になったこの車両ともお別れです。

ベルリン・シェーネフェルト空港に到着。この空港も、拡張工事が進んでいて、ベルリン・ブランデンブルク国際空港として2020年11月に供用開始予定。ちなみに当初は2011年10月に供用開始だったのが、工事の遅れなどあって何度も延期された経緯がある。開港後、テーゲル国際空港およびシェーネフェルト国際空港旧ターミナルは閉鎖される予定。

現地時間で9:00で、まだ飛行機出発まで3時間ほどあります。

言葉も何とか通じましたし、心配だった荷物の重さも規定内でしたので、搭乗手続きは意外とあっさりと行きました。

モスクワ便はA3搭乗口のようです。

搭乗券。またもや、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港での搭乗口の記載が無いので、現地での確認です。

飛行機に乗り込んで、出発を待ちます。

定刻より20分ほど遅れて離陸。さようならベルリン。

飛行機雲が見えました。

飛行機雲と、その上には小さく飛行機が移っています。

モスクワ便の機内食。

2時間ほどでモスクワに到着。

次の飛行機まで3時間ほどあるので免税店をぶらぶら。サン○リアが売られていましたが、なんと2ユーロ(約270円)。日本での価格は(以下略

搭乗券に成田便の搭乗口記載が無かったので事前確認。30番ゲート19:00発に間違いが無いと確認。実はこの空港、搭乗口がしょっちゅう変わるらしいとの噂を聞いていたので何度も確認をしました。

成田便の飛行機に乗り込みます。

ほぼ定刻に離陸。

空港近くには旧ソ連時代の機体が展示されているようです。いつか見てみたいものです。

夕焼け。

第一回目の機内食。モスクワ時間で21:00頃、飛行機出発後2時間後に出されました。今回はロシアで調理されたものなので、味付けもロシア風。何でも噂ではなかなか個性的な味がするので有名だそうです(笑)。メインデッシュはタイ風チキンカレーか牛肉のオイスターソース炒めを選択出来ましたが、無難に牛肉にしました。茶色いつぶつぶはソバの実です。サッカーボールのチョコレートは、ロシアで開催されていたワールドカップサッカー仕様です。味はまあ変わった味だなというもので、不味いというレベルではありませんでした。ただ、日本人にはあわない味付けかなと。

機内から眺める夕焼け。

この時期は北半球は夏の時期なので、いわゆる白夜となります。この飛行機は北極圏の近くまで飛行しますので、外は日が沈んだ後も薄明かりとなり、すぐに日の出となりました。

第一回目の機内食と第二回目の機内食との間に出されたデザート。フローズンヨーグルトです。

二回目の機内食。日本時間8:00、到着2時間30分ほど前に出されました。メインデッシュはカボチャとクルミのお粥かチキンとキノコソースのパンケーキを選択出来ました。お粥には不安を感じたので、パンケーキにしました。あと、なぜか謎のチャイナ製のお菓子が出てきました。パンは一回目の機内食と同様、ロールパンとライ麦パンでした。味は変わった味だなという程度で、特段不味いというわけでもなく普通に美味しかったです。でも、前回同様日本人の舌にはあわない味付けかなと。

日本上空を飛行。到着まであとわずか。この飛行機は新潟県から福島県上空を飛ぶ経路のようなので、会津盆地の会津若松市上空かなと思います。

まもなく大きな水たまりが見えました。猪苗代湖のようで、この写真では見えづらいですが、左側には磐越自動車道と猪苗代湖畔に広がる猪苗代町が見えます。

福島県上空を飛んだ後、千葉県の太平洋側を通り、太平洋側から成田空港へと航路を取るようです。

成田空港に近づいてきました。

定刻通りの10:05に成田空港に到着。

ようやく日本に到着しました。

久々に見る日本語の数々。言葉が通じるって本当にありがたいことです。

それにしても成田は暑かったです。ベルリンは25℃前後でしたが、この日の成田と東京は35℃近くまであったそうで、この温度差でだいぶやられました。

帰りはJRの成田エクスプレスに乗車して、東京駅で新幹線に乗って帰宅。

本当に生きて帰ってきたんだと実感しました。

TOP旅の記録ドイツ(ベルリン・ドレスデン)旅行記>ベルリン→モスクワ→成田航路