(上り)恩根内駅豊清水駅→(下り)天塩川温泉駅
JR宗谷本線
豊清水駅
(Toyoshimizu)

◆2018年5月4日(金)撮影
開業:1946(昭和21)年10月10日
※1950(昭和25)年1月15日に豊清水仮乗降場より昇格。


所在地:北海道中川郡美深町字清水

キロ程:117.9km(旭川起点)
駅名由来
「清水」の名称については、この地を流れるペペケナイ川を指すアイヌ語、「ペペケㇾナイ(pe-peker-nay)」(水が・清澄な・川)の意訳から。常盤村(現在の音威子府村)清水と美深村(現在の美深町)清水の2つの集落が合併した際に豊かになるようにとの意味を込めて「豊」の字を付けられたとされる。

その他

※参考、引用サイト:Wikipedia

駅名標

駅舎(待合所)
現在の駅舎は駅昇格時に立てられたもの。

上り(旭川方面)

下り(稚内方面)

駅前(1)

駅前(2)

駅舎(待合所)内(1)

駅舎(待合所)内(2)

駅舎内に貼られていた通学バスの時刻表。現在接続する該当列車がないので、実際今でも運行されてるのかどうか不明です。過去には駅前に町営バスのバス停がありましたが、訪問時には見当たりませんでした。

TOP旅の記録路線各駅巡礼写真のページJR宗谷本線(北海道)>豊清水駅(北海道)