◆鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(茨城県)◆

◆2019年6月23日(日)、2020年6月21日(日)撮影
(概要)
 大洗鹿島線(おおあらいかしません)は、茨城県水戸市の水戸駅から鹿嶋市の鹿島サッカースタジアム駅に至る鹿島臨海鉄道が運営する鉄道路線。日本鉄道建設公団建設線(北鹿島線)を引き継ぎ、開業した路線である。
 PASMO・Suica等のICカード乗車券は使用はできず、導入予定もない。

(歴史)
 改正鉄道敷設法別表第39号「茨城県水戸ヨリ鉾田ヲ経テ鹿島ニ至ル鉄道」である。国有鉄道(鉄道省)が路線決定したのは、1922(大正11)年のことであった。日本国有鉄道(国鉄)の鹿島線(香取〜北鹿島)は、1970(昭和45)年に開業し、北鹿島(現・鹿島サッカースタジアム)以北の水戸へ至る鉄道を延伸する工事が続けられてきた。

 1980(昭和55)年の国鉄再建法施行時には鉄建公団により建設中で、開業後の輸送密度が4000人以上見込めるとして工事が続行されたが、完成目前になって、大洗鹿島線の経営主体問題が生じた。当時の国鉄は、地方交通線の分離方針から国鉄直営での開業は不可能となり、第三セクター鉄道での運営を希望した。これを承け茨城県では、1984(昭和59)年、鹿島臨海鉄道による引き受けを決定し、翌1985(昭和60)年に開業した。建設途中の国鉄新線が、赤字経営の国鉄の工事凍結を免れ、第三セクター線として開業した全国で初めての路線であった。当初は特急列車を運行する計画があったため、単線ながら高規格な設計になっている。踏切は、水戸駅近辺の常磐線と並行する部分にJRが設置している2箇所以外には存在しない。
Wikipediaより)

大洗鹿島線のゼロキロポスト(1)

JR常磐線(左)と大洗鹿島線(右)との分岐点(1)
(2020年6月21日(日)水戸〜東水戸間撮影)

JR常磐線(左)と大洗鹿島線(右の鉄橋)との分岐点(2)
(2020年6月21日(日)水戸〜東水戸間撮影)
本線
駅名・信号場名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
所在地 開業日
(漢字表記) (よみ)
水戸駅みと - 0.0

水戸市 1889(明治22)年1月16日
※JR常磐線の駅として
東水戸駅ひがしみと 3.8 3.8 1985(昭和60)年3月14日
常澄駅つねずみ 4.5 8.3 1985(昭和60)年3月14日
大洗駅おおあらい 3.3 11.6 東茨城郡
大洗町
1985(昭和60)年3月14日
涸沼駅ひぬま 6.4 18.0 鉾田市 1985(昭和60)年3月14日
鹿島旭駅かしまあさひ 4.8 22.8 1985(昭和60)年3月14日
徳宿駅とくしゅく 3.9 26.7 1985(昭和60)年3月14日
新鉾田駅しんほこた 4.3 31.0 1985(昭和60)年3月14日
北浦湖畔駅きたうらこはん 3.9 34.9 1985(昭和60)年3月14日
大洋駅たいよう 4.1 39.0 1985(昭和60)年3月14日
鹿島灘駅かしまなだ 4.1 43.1 鹿嶋市 1985(昭和60)年3月14日
鹿島大野駅かしまおおの 3.0 46.1 1985(昭和60)年3月14日
長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ 2.3 48.4 1990(平成元)年11月18日
荒野台駅こうやだい 1.7 50.1 1985(昭和60)年3月14日
(臨)鹿島サッカースタジアム駅かしまさっかーすたじあむ 2.9 53.0 1970(昭和45)年8月20日
※JR鹿島線の駅として

年表
1985(昭和60)年3月14日 水戸〜北鹿島(現・鹿島サッカースタジアム)間 (53.0km) 開業。国鉄鹿島線鹿島神宮駅まで直通運転。快速を運転開始。
1989(平成元)年11月1日 全線で貨物営業開始。
1990(平成2)年11月18日 長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅新設。
1992(平成4)年7月23日 7000形気動車による快速「マリンライナーはまなす」運転開始。
1994(平成6)年3月12日 北鹿島駅を鹿島サッカースタジアム駅に改称。サッカー試合開催日の一部列車のみ旅客営業開始。
1996(平成8)年3月16日 貨物列車設定廃止。
1998(平成10)年12月8日 快速「マリンライナーはまなす」廃止(翌年2月20日より土日限定の臨時列車として運転)。
2001(平成13)年4月1日 ワンマン運転開始。
2004(平成16)年12月1日 大洗鹿島線COMBAT(バリス式列車検知形閉塞装置)導入プロジェクト立ち上げ。
2005(平成17)年10月12日 常澄〜大洗間でCOMBATの表示機能運用開始。
2011(平成23)年3月11日 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被害を受け、全線が不通となる。
2011(平成23)年4月2日 水戸〜大洗間運転再開。
2011(平成23)年4月7日 大洋〜鹿島サッカースタジアム間運転再開。JR鹿島線鹿島神宮〜鹿島サッカースタジアム間が未復旧のため、鹿島サッカースタジアム駅に全列車が停車し(応急的営業)、代行バスと連絡。また、大洋駅〜新鉾田駅間で代行バスの運転開始。
2011(平成23)年4月8日 大洗〜新鉾田間運転再開。
2011(平成23)年4月16日 JR鹿島線との直通運転再開。これに伴い、7日からの鹿島サッカースタジアム駅の応急的営業は終了。
2011(平成23)年7月12日 大洋駅〜新鉾田駅間運転再開し全線で運行再開。大洋駅〜新鉾田駅間の代行バスは11日限りで運転終了。

TOP旅の記録路線各駅巡礼写真のページ>鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(茨城県)