JR北海道785系電車

 785系電車(785けいでんしゃ)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)が1990(平成2)年から運用している交流特急形電車である。
 函館本線の札幌駅 - 旭川駅間は、JR北海道を代表する基幹系統であり、日本国有鉄道(国鉄)時代から781系電車によるエル特急「ライラック」「ホワイトアロー」が所要1時間29〜33分で結び、30分〜1時間間隔で運行されていた。1987(昭和62)年4月1日の国鉄分割民営化後、1990(平成2)年10月30日に札幌市〜旭川市間の高速道路が全通することから、JR北海道では高速バスやマイカーとの競争力向上のため、所要時間の短縮と増発を図ることとなった。そこで、最高速度130km/hでの運転を可能とする線路改良および新型車両の開発がなされ、1990(平成2)年5月に完成したのが785系電車である。
 本系列はJR北海道発足後、初の新型特急形電車であるほか、JRグループの量産型車両としては初めてVVVFインバータ制御を採用した車両である。1991(平成3)年に通商産業省グッドデザイン商品(現・日本デザイン振興会グッドデザイン賞)に選定された。
 1990(平成2)年9月1日のダイヤ改正から、エル特急「スーパーホワイトアロー」として営業運転を開始し、札幌駅〜旭川駅間 (136.8km) を所要1時間20分、表定速度102.6km/hで結んだ。日中時間帯は781系を使用するエル特急「ライラック」(所要1時間30分)と各1時間間隔で運行され、両列車あわせて30分間隔での運転となり、速達化と利便性の向上に寄与した。
 2002(平成14)年にはグレードアップ指定席「uシート」車両を組み込んだ編成に組み替えられ、同年3月16日のダイヤ改正から従来の781系に代わり、快速「エアポート」として新千歳空港駅〜札幌駅間を直通運転するようになった。
 2007(平成19)年10月1日のダイヤ改正からは、「スーパーホワイトアロー」と「ライラック」を統合したエル特急「スーパーカムイ」に加え、室蘭駅〜札幌駅間のエル特急「すずらん」でも使用を開始するなど、本系列はJR北海道の都市間高速輸送の主力として使用されてきた。また、2010(平成22)年12月4日のダイヤ改正では、2002(平成14)年の編成組み換えの際に余剰となった2両が、津軽海峡線の特急「スーパー白鳥」の増結用編成に転用された(300番台)。
 2015(平成27)年1月15日に行われたJR北海道の定例記者会見において、2019年までに785系を更新する(引退させる)方針であることが明言され、同年3月20日に公表した「安全投資と修繕に関する5年間の計画」において、当時特急「スーパー白鳥」で運用されていた789系0番台電車を2017(平成29)年から札幌都市圏へ転用し、785系の全37両中27両を廃車とする方針が公表された。
 2016(平成28)年3月26日のダイヤ改正では、北海道新幹線の開業に伴う特急「スーパー白鳥」の廃止により、300番台の2両が廃車となったほか、快速「エアポート」としての新千歳空港駅〜札幌駅間への直通運転が終了した。2017(平成29)年3月4日のダイヤ改正では前述の789系0番台に置き換えられる形で札幌駅〜旭川駅間の運用から撤退し、特急「すずらん」のみで使用されている。
Wikipediaより)

特急「すずらん」(室蘭本線・千歳線 室蘭〜札幌)
(2019年4月27日(土) 沼ノ端駅にて撮影)

特急「すずらん」(室蘭本線・千歳線 室蘭〜札幌)
(2019年4月27日(土) 沼ノ端駅にて撮影)

TOP旅の記録鉄道車両のページ>JR北海道785系電車