阿武隈急行8100系電車

◆2012年3月24日(土)撮影
 この車両は、阿武隈急行が保有・運用する交流近郊形電車。
 1988(昭和63)年、阿武隈急行線の全線電化開業にあわせ、日本車輌製造により9編成18両が製造された。車体は国鉄713系電車を基本とする片側2扉(1段ステップ付)構造であるが、ワンマン運転を考慮し、前位側の客用扉を運転台直後へ寄せて片開きとしているのが特徴である。寒冷地を走行するため耐寒仕様であるが、走行区間の降雪量が少ないことから耐雪構造は採用されていない。
wikipediaより

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)岡駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)南角田駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)南角田駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)丸森駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)梁川駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)梁川駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)保原駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2012年3月24日(土)卸町駅にて撮影)

阿武隈急行8100系電車
(2021年7月4日(日)福島駅にて撮影)

TOP旅の記録鉄道車両のページ>阿武隈急行8100系電車