C58 354蒸気機関車
宮城県宮城郡利府町森郷児童公園に静態保存

◆2012年3月4日(日)撮影
 国鉄C58形蒸気機関車は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省(1943(昭和18)年11月1日から1945(昭和20)年5月19日までは運輸通信省、それ以降製造終了まで運輸省)が導入した蒸気機関車である。 ローカル線用の客貨兼用過熱式テンダー式蒸気機関車で、8620形の速度と9600形の牽引力を兼ね備えた共通の後継機として設計され、1938(昭和13)年から1947(昭和22)年にかけて、431両(国鉄向け427両(樺太庁鉄道向け14両含む)、天塩鉄道・三井芦別鉄道向け各2両)が製造された。愛称はシゴハチである。
 戦前から各地のローカル線や都市部の入換用として使用された。特に千葉、四国全域では主力であった。本機は定期特急には使用されずに地味な存在でしたが、高出力ながら走行性能は安定し、旅客・貨物万能の名機と言われ、ローカル線では旅客・貨物双方に使用された。お召し列車にも何度か抜擢されたことからその信頼性に定評があったことを伺わせる。
 ちなみに、太平洋戦争の戦況悪化により各形式の蒸気機関車で製造されたいわゆる戦時型は、1943(昭和18)年発注分で中止されたため製造されず、D51形などのような木製デフレクター(除煙板)やカマボコ型のドームを装備した特徴ある形は存在しない。なお、戦後は1946(昭和21)年から製造が再開された。
 2009(平成21)年現在、動態保存されているC58形は363号機のみで、秩父鉄道秩父本線で「パレオエクスプレス」として定期運行されている。
(一部Wikipedia引用)

蒸気機関車C58-354について(案内板より)
 この蒸気機関車(SL)は、東北新幹線仙台総合車両基地の建設を記念して、町の誘致により昭和50年8月1日に設置されたもので、昭和48年12月17日まで現役として活躍し、延べ走行距離は地球の約31周分に相当します。

形式 C58-354
製造年月日 昭和19年1月15日
製作費 12万5,298円26銭
走行距離 1,250,936km
性能 全  長 18.27m
  幅   2.93m
高   さ 3.94m
重   量 53.6t
炭 水 車 18.5t
最大馬力 880馬力
最高速度 時速85km

屋根無しで風雨にさらされているので、あちこち塗装が剥げて、お世辞にもよい状態とは言えません。

運転室内部は網が張っていて入ることは出来ませんでしたが、中を眺めることは出来ました。
ボイラーに燃料である石炭を投入する焚口戸が見えます。

TOP旅の記録鉄道車両のページ>C58 354蒸気機関車