JR東日本E235系電車
(山手線)


<概要>
 2000(平成12)年から首都圏に大量投入された、JR東日本の主力一般形車両であるE231系、同じく2006(平成18)年から投入されたE233系の次の世代の車両として開発され、これまでの技術開発成果を取り入れた車両である。山手線への投入を目的として製造された。
 2015(平成27)年11月30日より量産先行車が営業運転を開始した。2017(平成29)年5月22日より、量産車の営業運転が開始された。山手線では2002(平成14)年に導入されたE231系500番台以来、13年ぶりの新型車両である。
Wikipediaより)

E235系電車
山手線
(2019年8月11日(日) 代々木駅にて撮影)

E235系電車
山手線
(2019年8月11日(日) 代々木駅にて撮影)

E235系電車
山手線
(2019年12月30日(月) 駒込駅〜田端駅にて撮影)

E235系電車
山手線
(2019年12月30日(月) 駒込駅〜田端駅にて撮影)

E235系電車
山手線
(2019年12月30日(月) 駒込駅〜田端駅にて撮影)

TOP旅の記録鉄道車両のページ>JR東日本E235系電車