JR貨物EF210形電気機関車

◆2013年12月27日(金)ほか撮影
 EF210形電気機関車(EF210がたでんききかんしゃ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が1996年から製造する直流電気機関車である。
 1990年代前期、従来の直流電化区間標準機であるEF65形電気機関車は初期型が経年30年前後となり、同形式を多数承継したJR貨物では更新工事を施工して延命を図ってきた。また、輸送力増加への対応策として、1,600t牽引を念頭に置き、1時間定格出力6,000kWを誇るEF200形電気機関車が1990年3月から落成した。しかし、当初計画された1,600t牽引は、変電所の電力供給能力問題が顕在化したことから実現できなかった。
 このような情勢下でJR貨物は方針転換を強いられ、本形式はEF65・66形の後継機として、また、東海道・山陽線系統の1,300tコンテナ貨物列車運転拡大に充当する目的で開発された。
 JRの機関車で初めて愛称が採用され、公募の結果「岡山機関区に所属する省電力大出力機」であることから「ECO-POWER 桃太郎」と命名された。
 「桃太郎」の愛称は長らく存在したものの、EH500形電気機関車の側面に施されている金太郎のようなイメージキャラクターは当初無かった。2020年2月以降に新製される車両からは、側面(両面1か所ずつ)に桃太郎とその家来(サル・イヌ・キジ)を描いたイメージキャラクターのラッピングが施されている。また、2020年10月には108号機と312号機にもイメージキャラクターのラッピングが施された。
Wikipediaより)

EF210形電気機関車(EF210-153)
(2013年12月28日(土) JR武蔵野線船橋法典駅より撮影)

EF210形電気機関車(EF210-141)
(2014年12月29日(月) JR京葉線海浜幕張駅より撮影)

TOP旅の記録鉄道車両のページ>JR貨物EF210形電気機関車