JR貨物EH200形電気機関車

 EH200形電気機関車とは、日本貨物鉄道(JR貨物)が2001(平成13)年から製作している直流電気機関車である。
 中央本線・篠ノ井線などの勾配線区で使用されてきたEF64形基本番台の取替えおよびEF64形重連運転解消を目的として開発された。粘着性能と牽引力を確保するため、EH500形と同じ2車体連結の8軸駆動(H級)とされ、これまでEF64形を重連としていた運用に単機で充当できる。
 愛称は一般公募により「ECO POWER ブルーサンダー」と命名された。時には鉄道ファンからは「ブルサン」ともよばれることもある。
wikipediaより)

EH200形電気機関車
(2015年7月20日(月) JR信越線黒井駅にて撮影)

EH200形電気機関車
(2015年7月20日(月) JR信越線黒井駅にて撮影)

EH200形電気機関車
(2018年12月30日(日) JR武蔵野線府中本町駅にて撮影)

TOP旅の記録鉄道車両のページ>EH200形電気機関車