JR北海道キハ141系気動車
(JR室蘭本線、千歳線で運用中)

◆2016年7月17日(日)撮影
 キハ141系気動車は、北海道旅客鉄道(JR北海道)と東日本旅客鉄道(JR東日本)が保有する一般形気動車で、キハ141形、キハ142形、キハ143形およびキサハ144形の総称である。
 札幌市周辺の人口増加により、沿線の都市化が急速に進んだ札沼線(学園都市線)の輸送力増強を目的として1990(平成2)年から投入された。
 電車や気動車への置き換えで余剰となっていた50系客車(オハフ51形)を改造して製作された。客車 (Passenger Car) 改造のディーゼル動車 (Diesel Car) であることからPDCとも呼ばれる。
 客車の気動車化改造は、その根本的な強度構造の違いから国鉄・私鉄ともにほとんど成功例がないが、本系列は客車としては軽量な50系客車に、新世代の軽量高回転エンジン(DMF13HS系エンジン)を組み合わせることによって、一定以上の成果を引き出した。
 4形式で合計44両が製作され、オハフ51形の2/3が本系列に改造された。客車から気動車への改造車としては日本最多である。
 他形式同様、車体にコーポレートカラーの萌黄色の帯を巻いているが、外板の地色は白ではなく、ライトグレーとなっている。

キハ141形:運転台は札沼線での札幌方を向いており、原則としてキハ142形の同一番号の車両と連結して運用される。トイレが設置されている。札沼線電化に伴い定期運用終了。
キハ142形:運転台は札沼線での石狩当別方を向いており、原則としてキハ141形の同一番号の車両と連結して運用される。トイレは設置されていない。札沼線電化に伴い定期運用終了。
キハ143形:キハ150形気動車の駆動システムを用いて性能強化した形式。札沼線電化に伴い定期運用終了。
キサハ144形:運転台は装備せず、駆動用エンジンも搭載しない付随車。
Wikipediaより)

キハ143形(室蘭本線 長万部〜岩見沢)
(2016年7月17日(日) 苫小牧駅にて撮影)
キハ143-152+キハ143-102

キハ143形(室蘭本線 長万部〜岩見沢)
(2016年7月17日(日) 苫小牧駅にて撮影)
キハ143-152

キハ143形(室蘭本線 長万部〜岩見沢)
(2016年7月17日(日) 苫小牧駅にて撮影)
キハ143-152+キハ143-102

TOP旅の記録鉄道車両のページ>JR北海道キハ141系気動車