JR北海道キハ261系気動車
(JR宗谷本線などで運用中)

◆2018年5月2日(水)ほか撮影
<概要>
 宗谷本線の特急列車に用いるために1998(平成10)年に導入を開始し、一旦増備が終了されたのち、2006(平成18)年以降、大幅な仕様変更を行ったグループの製造が開始され、石勝線・根室本線(帯広方面)および室蘭本線・函館本線(函館方面)の特急列車用としてに断続的に増備が続いている。
 これらは仕様の違いなどから番台区分がなされ、前者が基本番台、後者が1000番台とされている。
 空気ばねを用いた車体傾斜装置を持つ通勤型気動車キハ201系をベースに本系列が開発され、曲線区間での高速化が図られている。
Wikipediaより)

キハ261形(札幌〜旭川〜稚内)「宗谷」
(2018年5月2日(水) 南稚内駅にて撮影)

キハ261形(札幌〜旭川〜稚内)「宗谷」
(2018年5月3日(木) 幌延駅にて撮影)

キハ261形(札幌〜旭川〜稚内)「宗谷」
(2018年5月3日(木) 幌延駅にて撮影)

キハ261形(旭川〜稚内)「サロベツ」
(2018年5月4日(金) 名寄駅にて撮影)

キハ261形(旭川〜稚内)「サロベツ」
(2018年5月4日(金) 名寄駅にて撮影)

キハ261形(旭川〜稚内)「サロベツ」
(2018年5月5日(土) 比布駅にて撮影)

キハ261形(旭川〜稚内)「サロベツ」
(2018年5月5日(土) 比布駅にて撮影)

キハ261形(札幌〜帯広)「スーパーとかち」
(2019年4月29日(月) 帯広駅にて撮影)

TOP旅の記録鉄道車両のページ>JR北海道キハ261系気動車