◆JR石勝線(北海道)◆

◆2017年5月3日(水)、2019年4月27日(土)、4月28日(日)撮影
(概要)
 夕張炭田の運炭路線として1892(明治25)年11月1日に敷設された夕張線(ゆうばりせん)を元とし、1981(昭和56)年10月1日にその東西で新線を開業して成立した路線である。そのため、北海道の道央と道東を結ぶ広域幹線の機能と、支線を含む旧夕張線区間を主とした夕張市などの地域輸送の機能を併せ持っている。なお、石勝線に編入される以前の追分駅〜夕張駅間の名称だった「夕張線」は、その後も新夕張駅〜夕張駅間の通称として用いられている。
 新夕張駅以東では「北海道の背骨」と呼ばれる日高山脈を貫くため、北海道内の山岳トンネルで在来線最長の5,825mの新登川トンネル をはじめ、5,790mの新狩勝トンネル、5,700mの登川トンネル、4,225mの第二串内トンネル、3,765mの鬼峠トンネルなどの長大トンネルが連続する。この区間では占冠駅・トマム駅周辺をのぞいて人が住んでいる地域がほとんどなく、本線では駅の数より信号場の数の方が多い特徴を持つ。信号場の多くは、計画当初は駅にする予定だったが、沿線の入植者の離農が進んだため、その必要が無くなった経緯がある。
 新夕張駅〜新得駅間では、根室本線との重複区間内である新得駅付近に踏切が1つあるほかは、道路との交差がすべて立体交差となっている。なお、過去にはトマム駅構内に踏切があった。
 路線名は令制国名の石狩国と十勝国から採られている。実際には石狩国を経由しつつ胆振国と十勝国を結んでいる。また、石狩国を一字で表す際には「狩」の字を用いるのが一般的だが、本路線は「石」の字を用いている。

(歴史)
 北海道炭礦鉄道により夕張炭田の各炭鉱開発や石炭輸送のため建設され、鉄道国有法により買収・国有化された旧・夕張線区間(追分駅〜新夕張駅〜夕張駅間)と、同線を延伸し、札幌と十勝地方を短絡する幹線として日本鉄道建設公団(鉄建公団)により主要幹線(C線)として建設された新線区間(南千歳駅〜追分駅間、新夕張駅〜上落合信号場間)に分かれる。追分駅から新夕張駅手前までは旧・夕張線を線形改良および路盤強化して石勝線の本線に転用した。
 新線区間のうち、南千歳駅〜追分駅間は、改正鉄道敷設法第137号に規定する「石狩國白石ヨリ膽振國廣島ヲ經テ追分ニ至ル鐵道(以下略)」の一部(追分線)、新夕張駅〜占冠駅間は、同第134号「膽振國鵡川ヨリ石狩國金山ニ至ル鐵道及「ペンケオロロツプナイ」附近ヨリ分岐シテ石狩國登川ニ至ル鐵道」の一部(紅葉山線)、占冠駅〜上落合信号場間は同第142号の2「十勝國御影付近ヨリ日高國右左府ヲ經テ膽振國邊富内ニ至ル鐵道」の一部(狩勝線)である。なお、上落合信号場〜新得駅間は、根室本線落合駅〜新得駅間(狩勝峠)の勾配緩和新線(同第142号の4、落合線)の一部として1966(昭和41)年9月30日に開業しており、根室本線と線路を共用している。
 新線区間の開通以前は、札幌駅から道東(十勝・釧路・根室方面)へ向かうには旭川駅や滝川駅を経由していたが、石勝線の開通によってこれら方面への所要時間が短縮された。同時に、根室本線の滝川駅〜新得駅間は定期優等列車がほとんど運行されないローカル線となった。
 また、旧・夕張線区間は、後年の復活運転をのぞくと、日本で最後まで蒸気機関車が牽引する貨物列車が運転されていたことや、蒸気機関車が追分で入換作業に最後まで従事していたことでも知られる。蒸気機関車は1975(昭和50)年12月24日に本線最終運転された。ただし、1976(昭和51)年4月13日に起きた追分機関区の火災で本線最終運転の5両中4両、入換機の3両中2両および、新製間もないディーゼル機関車DD51形、DE10形が全焼している。
 夕張線時代に国鉄再建法による幹線、地方交通線の選定が行われた際、石炭輸送が好調だったことにより、幹線となっている。また大正から昭和初期にかけ、一時期複線化されていた区間もあり、現在でも一部にその痕跡が残っている。

ゼロキロポスト

追分駅の長万部側(南)にある踏切から撮影した、室蘭本線(下)と石勝線(上)との立体交差。
(2019年4月27日(土)撮影)

追分駅の岩見沢側(北)にある跨線橋から撮影した、室蘭本線(奥)と石勝線(手前)との分岐線。
(2019年4月27日(土)撮影)

分岐点
新夕張駅ホームから新得方面を撮影。左にそれる線路が夕張支線で、右にそれる線路が石勝線の本線。
(2017年5月3日(水)撮影)

分岐点
根室本線(左)と石勝線(右)
実際の分岐点は新狩勝トンネル内にある上落合信号場。
(2017年5月4日(木)撮影)



駅名・信号場名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
所在地 開業日
(漢字表記) (よみ)
H14 南千歳駅 みなみちとせ - 0.0


千歳市 1980(昭和55)年10月1日
※千歳線の駅として
駒里信号場こまさと - 5.4 1981(昭和56)年10月1日
西早来信号場にしはやきた - 11.7




安平町 1981(昭和56)年10月1日
K15追分駅おいわけ 17.6 17.6 1892(明治25)年8月1日
※室蘭本線の駅として
(K16)東追分信号場ひがしおいわけ - 21.6 1965(昭和40)年3月1日
K17川端駅かわばた 9.4 27.0




由仁町 1894(明治27)年8月1日
滝ノ下信号場たきのした - 30.3 栗山町 1981(昭和56)年10月1日
K18滝ノ上駅たきのうえ 8.8 35.8 夕張市 1897(明治30)年2月16日
(K19)十三里信号場とみさと - 40.2 1962(昭和37)年12月25日
K20新夕張駅しんゆうばり 7.2 43.0 1892(明治25)年11月1日
楓信号場かえで - 48.7 1981(昭和56)年10月1日
オサワ信号場おさわ - 55.7




むかわ町 1981(昭和56)年10月1日
東オサワ信号場ひがしおさわ - 59.6 1981(昭和56)年10月1日
清風山信号場せいふうざん - 67.3




占冠村 1981(昭和56)年10月1日
鬼峠信号場(廃止) おにとうげ - 72.5 1981(昭和56)年10月1日
廃止:1986(昭和61)年3月3日
K21占冠駅しむかっぷ 34.3 77.3 1981(昭和56)年10月1日
東占冠信号場ひがししむかっぷ - 81.3 1981(昭和56)年10月1日
滝ノ沢信号場たきのさわ - 85.7 1981(昭和56)年10月1日
ホロカ信号場ほろか - 92.6 1981(昭和56)年10月1日
K22トマム駅とまむ 21.3 98.6 1981(昭和56)年10月1日
串内信号場くしない - 104.2

南富良野町 1981(昭和56)年10月1日
上落合信号場かみおちあい
(根室本線と石勝線との実際の接続点)
- 108.3 1966(昭和41)年9月30日
新狩勝信号場しんかりかち - 113.9




新得町 1966(昭和41)年9月30日
広内信号場ひろない - 120.1 1966(昭和41)年9月30日
西新得信号場にししんとく - 125.6 1966(昭和41)年9月30日
K23新得駅しんとく 33.8 132.4 1907(明治40)年9月8日
※根室本線の駅として
※上落合信号場〜新得駅間は根室本線と重複
夕張支線(廃止)
K20 新夕張駅(廃止) しんゆうばり - 0.0


夕張市 1892(明治25)年11月1日
廃止:2019(平成31)年4月1日
Y21 沼ノ沢駅(廃止) ぬまのさわ 2.7 2.7 1905(明治38)年11月15日
廃止:2019(平成31)年4月1日
Y22 南清水沢駅(廃止) みなみしみずさわ 4.0 6.7 1962(昭和37)年12月25日
廃止:2019(平成31)年4月1日
Y23 清水沢駅(廃止) しみずさわ 1.5 8.2 1897(明治30)年2月16日
廃止:2019(平成31)年4月1日
Y24 鹿ノ谷駅(廃止) しかのたに 6.6 14.8 1901(明治34)年12月1日
廃止:2019(平成31)年4月1日
Y25 夕張駅(廃止) ゆうばり 1.3 16.1 1892(明治25)年11月1日
廃止:2019(平成31)年4月1日
夕張線登川支線(廃止)
→詳細はこちらをクリック

年表
夕張線
北海道炭礦鉄道時代
1892(明治25)年11月1日 北海道炭礦鉄道室蘭線の支線として、追分駅〜夕張駅(初代)間が開業。同区間に紅葉山駅(一般駅・直営駅)、夕張駅(初代、一般駅・直営駅)を開設。
1894(明治27)年8月1日 追分駅〜紅葉山駅間に川端駅(一般駅・直営駅)を開設。
1897(明治30)年2月16日 川端駅〜紅葉山駅間に滝ノ上駅(一般駅・直営駅)、紅葉山駅〜夕張駅(初代)間に清水沢駅(一般駅・直営駅)を開設。
1900(明治33)年1月16日 川端駅を追分寄りに約400m移設・改キロ。
1901(明治34)年12月1日 清水沢駅〜夕張駅(初代)間に鹿ノ谷駅(一般駅・直営駅)を開設。
1905(明治38)年11月15日 紅葉山駅〜清水沢駅間に沼ノ沢駅(貨物駅・直営駅)を開設。
国有鉄道時代
1906(明治39)年10月1日 北海道炭礦鉄道の国有化に伴い、追分駅〜夕張駅間が逓信省鉄道作業局(国有鉄道)に移管。
1907(明治40)年5月16日 紅葉山駅〜楓貨物取扱所間の貨物支線が開業(貨物営業のみ)。同区間に楓貨物取扱所を開設。
1907(明治40)年9月8日 官設鉄道落合駅〜帯広駅間(現在の根室本線)開業に伴い、同区間に新得駅(一般駅・直営駅)を開設。
1909(明治42)年7月1日 紅葉山駅〜楓貨物取扱所間の旅客営業が開始。楓貨物取扱所が一般駅に昇格し、楓駅(初代、直営駅)となる。同駅における旅客の取り扱いを開始。
1909(明治42)年10月12日 国有鉄道線路名称制定に伴い、追分駅〜夕張駅(初代)間および紅葉山駅〜楓駅(初代)間が夕張線となる。
1910(明治43)年8月16日 沼ノ沢駅における旅客の取り扱いが開始され、一般駅となる。
1911(明治44)年12月 三井登川炭鉱の開発に伴い、楓駅(初代)〜登川間の三井鉱山専用線(貨物専用線)が開業。
1912(大正元)年11月19日 清水沢駅〜夕張駅(初代)間が複線化。
1915(大正4)年8月1日 滝ノ上駅〜清水沢駅間が複線化。
1916(大正5)年7月11日 三井鉱山専用線が国有化され、夕張線の支線(登川支線)に編入される形で楓駅(初代)〜登川駅間が延伸開業。同区間に登川駅(一般駅・直営駅)を開設。なお、同区間は楓駅(初代)手前で分岐する形となり、楓駅(初代)は引き上げ線方式のスイッチバック駅となった。
1917(大正6)年6月1日 追分駅〜川端駅間が複線化。
1919(大正8)年9月30日 川端駅〜滝ノ上駅間が複線化。
1932(昭和7)年11月1日 追分駅〜川端駅間が単線化。
1932(昭和7)年11月4日 川端駅〜滝ノ上駅間が単線化。
1932(昭和7)年11月7日 滝ノ上駅〜紅葉山駅間が単線化。
1932(昭和7)年11月11日 紅葉山駅〜沼ノ沢駅間が単線化。
1932(昭和7)年11月13日 沼ノ沢駅間〜清水沢駅間が単線化。
1932(昭和7)年11月17日 清水沢駅〜鹿ノ谷駅間が単線化。
1932(昭和7)年11月20日 鹿ノ谷駅〜夕張駅(初代)間が単線化。
1949(昭和24)年6月1日 公共企業体日本国有鉄道(国鉄)に移管。
1961(昭和36)年1月15日 夕張線初の優等列車として、札幌駅〜岩見沢駅〜夕張駅(初代)間(函館本線・室蘭本線・夕張線経由)の準急「夕張」2往復が運行開始。
1962(昭和37)年1月15日 夕張線が全列車気動車化。
1962(昭和37)年12月25日 滝ノ上駅〜紅葉山駅間に十三里駅(旅客駅・無人駅)・南清水沢駅(旅客駅・直営駅)を開設。
1965(昭和40)年3月1日 追分駅〜川端駅間に東追分駅(旅客駅・無人駅)を開設。
1966(昭和41)年9月30日 根室本線の落合駅〜新得駅間新線付け替えに伴い、同区間に上落合信号場、新狩勝信号場、広内信号場(有人)、西新得信号場を開設。
1967(昭和42)年1月 楓駅(初代)が紅葉山寄りの本線上に移転し、楓駅(2代目、一般駅・直営駅)となる。同時に、楓駅(初代)でのスイッチバックが解消される。
1967(昭和42)年11月1日 南清水沢駅が業務委託駅となる。
1971(昭和46)年3月31日 根室本線の落合駅〜上落合信号場〜新得駅〜昭栄信号場間に自動列車制御装置 (CTC) を導入。
1971(昭和46)年5月1日 根室本線の広内信号場が無人化。
1972(昭和47)年3月15日 急行「夕張」が廃止。これに伴い、後の石勝線開業まで優等列車の設定がなくなる。
1975(昭和50)年12月24日 追分駅〜夕張駅(初代)間で最後の蒸気機関車牽引による貨物列車が運行される。
1978(昭和53)年5月1日 鹿ノ谷駅〜夕張駅(初代)間の貨物営業が廃止 (-3.4 km)。夕張駅(初代)における貨物の取り扱いが終了(旅客駅となる)。
1981(昭和56)年5月25日 清水沢駅〜鹿ノ谷駅間 (-6.6 km) および紅葉山駅〜登川駅間 (-7.6 km) の貨物営業が終了。川端駅、滝ノ上駅、紅葉山駅、楓駅(2代目)、鹿ノ谷駅における貨物の取り扱いが終了(旅客駅となる)。川端駅、滝ノ上駅における荷物の取り扱いが終了。楓駅(2代目)、登川駅が簡易委託駅、川端駅、滝ノ上駅が無人駅となる。
1981(昭和56)年6月1日 東追分駅を追分寄りに300m移設し、改キロ (-0.3km) 。
1981(昭和56)年7月1日 紅葉山駅〜登川駅間の路線が廃止 (-7.6 km)。同区間の楓駅(2代目)、登川駅が廃止。
石勝線
国鉄時代
1981(昭和56)年10月1日 千歳空港駅〜追分駅間 (17.6 km) および新夕張駅〜上落合信号場〜新得駅間 (89.4 km) が開業。上落合信号場〜新得駅間 (23.9 km) が根室本線と石勝線の二重戸籍区間となる。夕張線と新規開業区間が統合され、千歳空港駅〜上落合信号場〜新得駅間が本線、新夕張駅〜夕張駅(初代)間が夕張支線となり、石勝線に改称。室蘭線の部から函館線の部に移す。根室本線経由の特急「おおぞら」と急行「まりも」が石勝線経由での運行となる。新設区間の千歳空港駅〜追分駅間に駒里信号場(無人)、西早来信号場(無人)、既設区間の川端駅〜滝ノ上駅間に滝ノ下信号場(無人)、新設区間の新夕張駅〜新得駅間に楓駅(3代目、旅客駅・無人駅)、オサワ信号場、東オサワ信号場、清風山信号場、鬼峠信号場、占冠駅(旅客駅・直営駅)、東占冠信号場、滝ノ沢信号場、トマム信号場、石勝高原駅(旅客駅・無人駅)、串内信号場を開設。紅葉山駅が10mほど移設され(改キロなし)、新夕張駅に改称。千歳空港駅〜上落合信号場間に自動列車制御装置 (CTC) を導入。
1982(昭和57)年11月15日 新得駅における貨物の取り扱いが終了(旅客駅となる)。
1984(昭和59)年2月1日 追分駅における貨物の取り扱いが終了(旅客駅となる)。追分駅、鹿ノ谷駅、夕張駅(初代)における荷物の取り扱いが終了。
1984(昭和59)年4月1日 南清水沢駅、夕張駅(初代)が簡易委託駅、鹿ノ谷駅が無人駅となる。
1985(昭和60)年3月14日 新得駅における荷物の取り扱いが終了。
1985(昭和60)年10月13日 夕張駅を移設(2代目、旅客駅・簡易委託駅)。これに伴い、鹿ノ谷駅〜夕張駅間を改キロ (-1.3 km) 。
1986(昭和61)年3月3日 鬼峠信号場が廃止。
1986(昭和61)年11月1日 占冠駅が簡易委託駅、沼ノ沢駅が無人駅となる。
1987(昭和62)年2月1日 トマム信号場がホロカ信号場、石勝高原駅がトマム駅に改称。
民営化以後
1987(昭和62)年4月1日 国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道(JR北海道)が第一種鉄道事業者として全線を承継。南千歳駅〜上落合信号場(構内除く)間および新夕張駅〜夕張駅(2代目)間が本社鉄道事業本部管轄、上落合信号場〜新得駅間が釧路支社管轄となる。日本貨物鉄道(JR貨物)が千歳空港駅〜上落合信号場〜新得駅間および新夕張駅〜清水沢駅間の第二種鉄道事業者となる。清水沢駅が三菱石炭鉱業とJR貨物の車扱貨物の連絡駅となる。
1987(昭和62)年7月24日 22日の三菱石炭鉱業大夕張鉄道線廃止に伴い、清水沢駅における同線とJR貨物との連絡運輸が廃止。同駅に発着する貨物列車の運行が終了。
1987(昭和62)年10月3日 沼ノ沢駅に発着する貨物列車の運行が終了。
1990(平成2)年4月1日 JR貨物の新夕張駅〜清水沢駅間の第二種鉄道事業が廃止 (-8.2 km) 。JR貨物の沼ノ沢駅、清水沢駅が廃止(旅客駅となる)。
1990(平成2)年12月26日 夕張駅を移設(3代目、旅客駅・簡易委託駅)。これに伴い、鹿ノ谷駅〜夕張駅間を改キロ (-0.8 km) 。
1992(平成4)年7月1日 千歳空港駅が南千歳駅に改称。
1994(平成6)年2月22日 西新得信号場〜広内信号場間(根室本線との重複区間)で、釧路発札幌行きの上り特急「おおぞら」10号が強風にあおられて脱線転覆し、28名が負傷する事故が発生。
1997(平成9)年3月22日 札幌駅〜釧路駅間で特急「スーパーおおぞら」運行開始。石勝線の営業最高速度が130 km/hに引き上げられる。
1998(平成10)年3月20日 夕張駅の簡易委託が終了し、無人駅となる。
2004(平成16)年3月7日 新夕張駅〜夕張駅間(夕張支線)に列車集中制御装置 (CTC) を導入し、閉塞方式をタブレット閉塞式(新夕張駅〜清水沢駅間)およびスタフ閉塞式(清水沢駅〜夕張駅間)から、特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)に変更。これに伴い、北海道から腕木式信号機とタブレット閉塞が消滅[報道 16]。清水沢駅の交換設備が廃止され、新夕張駅〜夕張駅間が1閉塞となる。これに伴い、清水沢駅における運転要員の配置がなくなり、終日社員配置から平日・土曜の日中のみ配置となる。
2004(平成16)年3月13日 楓駅(3代目)が信号場に変更され、楓信号場となる。
2007(平成19)年月日不詳 夕張駅の簡易委託が再開(その後再び終了)。
2007(平成19)年10月1日 全区間で駅ナンバリングを実施。
2011(平成23)年5月27日 特急「スーパーおおぞら」14号が清風山信号場内で脱線、同信号場構内の第1ニニウトンネル内で停止後に炎上する事故が発生(石勝線特急列車脱線火災事故)。乗客と乗務員計約240人のうち39人が煙を吸うなどして病院に搬送された。同月30日に事故区間の復旧工事が終了し運転再開。
2012(平成24)年2月16日 東追分駅構内で、JR貨物の上り貨物列車が赤信号で止まらず引き込み線に進入し、そのままスノーシェルターに衝突する事故が発生(石勝線貨物列車脱線事故)。
2014(平成26)年8月30日 特急「スーパーとかち」の減速に伴い、当路線の営業最高速度を120 km/hに引き下げ。
2015(平成27)年10月1日 清水沢駅における駅員配置(業務委託)が終了(無人駅となる)。また、トマム駅の事実上の窓口であった「トマムトラベルセンター」の営業が終了し、同駅における駅業務が終了(無人駅となる)。
2016(平成28)年3月26日 東追分駅・十三里駅が信号場に変更され、東追分信号場・十三里信号場となる。全区間で普通列車の本数を削減。
2016(平成28)年8月8日 夕張市が新夕張駅〜夕張駅間(夕張支線)の廃止を条件付きで容認。
2016(平成28)年8月17日 JR北海道が新夕張駅〜夕張駅間(夕張支線)の鉄道事業廃止を発表。
2016(平成28)年8月25日 台風9号による降雨災害の影響で、ホロカ信号場構内で線路脇の盛土が崩落。特急「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」と貨物列車が一部運休。
2016(平成28)年8月29日 始発から通常運行に戻る。
2016(平成28)年8月31日 台風10号による降雨災害の影響で、トマム駅構内の路盤が流出、トマム駅〜新得駅間のトマム川橋梁が流木で支障、同区間の一の沢橋梁(南千歳起点105.090km付近)が流出、広内信号場構内の第2谷間川橋梁で線路流出、新得駅構内で路盤流出および下新得川橋梁が橋脚ごと流出。このため、新夕張駅〜新得駅間が不通となり、特急「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」が全区間運休。
2016(平成28)年9月8日 新夕張駅〜トマム駅間で運転再開、不通区間はトマム〜新得間となる。トマム駅より先、根室本線帯広駅まで代行バスの運転を開始。
2016(平成28)年10月1日 トマム駅〜(根室本線)十勝清水駅〜新得駅間の代行バスの運転を開始。
2016(平成28)年12月22日 トマム駅〜新得駅間運転再開。特急「スーパーおおぞら」、「スーパーとかち」運転再開。
wikipediaより参照
TOP旅の記録路線各駅巡礼写真のページ>JR石勝線(北海道)